有田大貴個展 “REVITALIZE” gallery G

gallery G

有田大貴個展 “REVITALIZE”

2021.12.7 tue - 2021.12.12 sun

11:00〜19:00(Last day〜16:00)

広島を拠点に国内外で作品を発表している有田大貴が、gallery G(広島市中区)にて個展を開催します。
10月に兵庫県神戸市のGALLERY 301で開催する同名の個展の一部をアップデートし発表するもので、広島では約2年ぶりのまとまった作品展示の機会となります。
これまで取り組んできた千羽鶴やその焼却灰と抽象画を組み合わせた平面作品シリーズに加え、
インスタレーション作品やパフォーマンスを収録した映像もふくめ、空間にコラージュするダイナミックな展示構成を予定。
生まれ育った広島という土地の要素を作品に取り込み、音楽を触媒として自身の
エネルギーをさまざまな形態の作品にぶつけ、物質的に転換することを試みる内容となっています。
作品を媒介として、コロナ禍で塞ぎ込み停滞した人々のエネルギーを “Revitalize”(新たな活力を 付与) することを目論むものです。

有田大貴 (ありた・たいき)
1987年生まれ。 広島県広島市出身。
2011年 米国アラバマ州立ジャクソンビル大学芸術学部グラフィックデザイン学科卒業

 

【主な個展】
2017年 「Genkidama -Energy Ball-」 / 横川創苑 (広島)
2017年 「Abstract & Silver」 / AUTOTEILLE(ドイツ・ベルリン)
2019年 gallery G selection 「The Ash of Hope –希望の灰-」 / gallery G(広島)
2019年 「Ask! It will be given to you 」/ 広島女学院大学ゲーンスチャペル(広島)
2019年 「A Flight of Prayers 〜祈りの飛翔〜」/ 直島本村ギャラリー(香川)
2019年 「On the Earth, in the Sky」/ Is’ Art Galerie (マダガスカル・アンタナナリボ)
2021年 「REVITALIZE」/ Gallery 301(兵庫)

【主なグループ展】
2017年 Blue Lab. Hiroshima 2018 (広島)
2018年 East West Artists Exchange Exhibition London 2018 (イギリス・ロンドン)
2018年 Jacksonville State University Art Alumni Show(アメリカ・アラバマ州)
2019年 TAMENTAI GALLERY 「Living with Art」 / 直島本村ギャラリー(香川)
2019年 「Breathe〜生の息吹〜」 / 遊美工房(岡山)
2019年 One Dream 2019 廿日市市・仏モン・サン=ミッシェル市 観光友好都市提携10周年記念 / 宮島弥山大聖院(広島)
2020年 「アートのおくりもの展」/ Art Labo 空想(広島)
2021年 瀬戸内アートコレクティブ 『クロッシング』/ かまどホール(香川)
2021年 「ART WALK in PARCO」広島パルコ(広島)
2021年 Azure Hiroshima Base オープニング記念アート展示 / Azure Hiroshima Base (広島)

【主な企業・団体コレクション】
エマーブル(岡山), 四国汽船株式会社(香川), 有限会社建築工 房おおやま(香川)

【コンセプト】
色彩豊かでエネルギッシュな抽象絵画を制作。国内外から広島へ届けられる千羽鶴や、その焼 却灰、自作の折り鶴を利用した絵画やインスタレーションの作品群のほか、ロック音楽の歌詞に 使われる単語を制作プロセスに落とし込んだり、音楽を触媒とした作品シリーズがある。千羽鶴 を用いた作品群では、折り鶴やその焼却灰を「多様性」や 「生と死」 の象徴と解釈し、自身の ルーツである広島の表現として展開している。

【WEB/SNS】
https://www.taikiarita.com/
https://www.instagram.com/
主催:タメンタイ合同会社

 

 

PAGE TOP