広島市立大学開学30周年記念展 – Art of Creating Infinite Constellations – 広島市立大学芸術資料館|Hiroshima City University Art Museum

広島市立大学芸術資料館|Hiroshima City University Art Museum

広島市立大学開学30周年記念展 – Art of Creating Infinite Constellations –

2024.6.7 fri - 2024.6.30 sun

10:00-17:00(土日祝日は16:00まで)

開学30周年を記念し、本学芸術学部・研究科で学び、美術作家として活躍する卒業生の現在の作品や活動をご紹介する展覧会を開催いたします。
日本画、油絵、彫刻、工芸、現代表現と学んだ道はそれぞれ異なりますが、広島市立大学の豊かな環境で過ごしたという強い共通点を持つ美術作家たちです。卒業後の彼らの作品や活動をご紹介することは、開学以来、芸術学部および芸術資料館が教育機関・社会教育の施設として果たした役割や意義を再確認することにもつながります。学舎を離れたのちも努力を重ね、それぞれの表現を追求した作品群の展示となります。今回はほんの一部のご紹介にとどまりますが、ご鑑賞いただく皆様の心に星空のようにきらびやかな世界が広がることを願います。

出展者:野口 哲哉、王 培、七搦 綾乃、諫山 元貴、田中若葉

 

関連イベント:
出展作家による作品解説
日程:2024.06.08(Sat.)10:30-12:00
会場:芸術資料館5F展示室

トークイベント:
「芸術学部で学ぶ:これまでとこれから」
芸術学部の魅力と「学び」について深く探求するための座談会を開催します。出展作家と本学教員が登壇し、内外からの視点で芸術学部を紐解きます。また、芸術を学ぶことの意義や目的、そして現代における芸術の社会的役割について語っていただきます。

登壇者:野口 哲哉(オンライン登壇)、王 培、七搦 綾乃、諫山 元貴、城市 真理子(芸術学部准教授、日本/東洋美術史) 司会:石谷 治寛(芸術学部准教授、芸術学)
日程:2024.06.08(Sat.)13:30-15:00
会場:広島市立大学講堂小ホール
参加費無料、定員150名(先着順)
youtubeでライブ配信を予定しています。詳細は芸術資料館Webサイトをご覧ください。
芸術資料館:http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/

諫山 元貴作品について:
芸術資料館5F展示室以外(附属図書館など)でも展示を行っています。
展示室以外の作品に関して、土日祝はご鑑賞いただけませんのでご了承ください。
詳細は芸術資料館(TEL: 082-830-1821 MAIL: museum@m.hiroshima-cu.ac.jp)までお問い合わせください。

交通アクセス:
バスをご利用の場合:
「広島高速4号線(広島西風新都線)」経由で、広島市中心部からバスで最短12分
「市立大学前」バス停から大学までは徒歩すぐ、「沼田料金所前」バス停から大学までは徒歩8分程かかります。
車をご利用の場合:
・広島市中心部(紙屋町周辺)から「広島高速4号線(広島西風新都線)」経由で12分 
・山陽自動車道「五日市I.C.」から6分
・山陽自動車道「沼田スマートI.C.」から6分
・広島自動車道「広島西風新都I.C.」から15分

駐車場に限りがございますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。

 

*掲載写真は参考作品です。出展作品とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP